むちうちなら谷町四丁目接骨院

谷町四丁目接骨院

スポーツ障害

悩みタイトル

  1. 明るい挨拶

    関節の可動域が低下している
    膝のお皿の周りが走ると痛い
    走ったりジャンプをするとスネや膝、股関節が痛い
    脱臼、捻挫をよくする
    練習中や試合中に捻挫や肉離れを起こしてしまったり筋肉痛や運動の疲労がなかなか取れない
    痛みのせいで練習や試合を満足にできない、パフォーマンスが低下している
    大事な試合がもうすぐ近づいているが怪我が心配、また自己流のセルフケアしか知らず不安
    スポーツを長く続けたいがケガがクセになっていて楽しめないのでスポーツ前後のメンテナンス、定期的コンディション調整をしたい

  2. そもそもスポーツ障害とは?当院の考え

    明るい挨拶

    スポーツ障害とは同じ運動・スポーツを何度も繰り返し行う事で筋肉や骨、関節を使いすぎて負担がかかるために起こる外傷や障害のことを言います。
    プロスポーツ選手に限らずアマチュアや成長期のお子さんにも多く見られます。
    また筋肉痛や肉離れといった軟部組織の損傷、捻挫や脱臼、ほかにも半月板・靭帯損傷、オスグッド病やジャンパー膝・ランナー膝といった膝の痛み、野球肩や野球肘のような肩や腕の痛み、疲労骨折など様々な種類があります。スポーツ障害の主な原因としてオーバーユース(使いすぎ)や持続的な負荷によるものが多いです。スポーツや運動を持続的にしているとそれほど大きな負荷でなくとも同じ個所に繰り返し力が加わります。何度も負荷が加わることで金属疲労のように弱い力だけでも骨折や炎症を起こしてしまいます。
    また筋肉や骨などが酷使されることによって変形や障害を起こすことも少なくありません。変形や障害がおこると日常生活にまで支障を生じてしまう事が多くなります。スポーツ障害がおこる部位は競技の内容によって変わりますが、少しの力が加わっただけでケガを起こしやすくなったり悪化しやすくなります。

  3. スポーツ障害を放っておくとどうなるのか

    明るい挨拶

    放置しておくとその後何年も症状が残り同じ痛みを繰り返しやすくなります。繰り返しによる負荷が原因となることがほとんどですので運動をするたびに痛みが出るとパフォーマンスの低下につながることになります。
    特に学生の方で部活動をされている場合は部活動自体に支障が出たり選手生命にも関わってきます。適切な処置を行わないとほんの小さな力でも何度も加わり続けている部位は疲労がたまっていきますので疲労がたまり続けることによって弱い力でも骨折や捻挫、炎症などが起きやすくなるのです。また筋肉や骨などの過度な使用で成長痛の様な部分的に変形等を起こしてしまい筋肉や関節に痛みや可動域の減少といった悪影響が出始めます。
    スポーツ障害で痛めやすい部位は競技によって異なりますが、同じ痛みを繰り返さずスポーツを長期間するのであれば放置はせずに早めに治療をされることをお勧め致します。

  4. スポーツ障害にはどんな施術メニューがおすすめですか?

    姿勢矯正

    当院ではスポーツによる怪我や痛みで多くの方が来られています。もちろんスポーツ選手だけを専門に施術しているわけではありません。学生さんの学校の部活動や趣味でスポーツを行っている患者様の立場に立って早期回復を第一目標に、競技中の再発防止まで研究・サポートしていきます。

    当院ではどのような動きで、どのような負荷によって痛めるのか原因を究明したうえで早く痛みを取って早く競技に復帰して頂けるように短期集中治療を行います。競技を続けながらでも治るケガは競技を続けてもらいますが、競技を休まなければならないケガはしっかりと休んでいただきます。その後は怪我が治っても、今までと同じ練習環境を継続しては再発の頻度が高くなりますので再発防止に努めます。痛みを我慢しながら練習しても上達することはありませんのでテーピング等による負荷の軽減、また負担がかからないように体の使い方の改善を行っていきます。

  5. その施術を受けるとどう軽減するのか

    明るい挨拶

    スポーツ障害とは、スポーツにおける体の使い過ぎや繰り返し動作を原因とするもので、成人だけでなく成長期の子供にもよく起こる障害です。例を挙げるとテニス肘・野球肘・疲労骨折・シンスプリント・ジャンパー膝・オスグット・腱鞘炎・TFCC損傷などです。ではスポーツ傷害はというとスポーツ外傷とスポーツ障害を合わせた総称です。

    施術を行うことで負荷の軽減をすることができ、スポーツの活動を早期回復・再開することができます。またスポーツ障害は間違った使い方やオーバーユース(使いすぎ)により発症する症状です。同じ症状を繰り返し発症さないように日常生活やスポーツ中の使い方の改善をしていきますので再発防止にもつながり、痛みを感じることもなくなりより長くスポーツを楽しむことができます。主に筋肉や関節にアプローチを行いますので負担を掛けないようにするだけでなく疲労回復や関節可動域の増加、より高いパフォーマンスを発揮することも可能になります。

  6. 改善するための通院(施術)頻度は?

    明るい挨拶

    痛めている部位や運動内容にもよりますがあくまで早期回復、スポーツに早期再開できるように週に3~4回は必要と考えます。ぎっくり腰や寝違え、捻挫、肉離れ、骨折など急に痛めたものはなるべく毎日施術を行うことが好ましいです。
    また受傷直後は炎症の発生や強い痛みが出てきやすいのである程度痛みが治まるまでは日を空けずに毎日来てもらうことでより早く改善することが可能となります。上記はあくまで目安としての頻度です。お身体の状態に応じて通院回数を決めております。

▲ページの先頭へ戻る

谷町四丁目接骨院のご案内

【住所】〒540-0026 大阪府大阪市中央区内本町1丁目4−15 クリスタルブライト本町東 1F
【電話】 TEL:06-6809-3363

谷町四丁目接骨院景観
受付時間 土・日・祝
9:30 ~ 13:45 9:00 ~ 13:30
16:30 ~ 21:00 16:00 ~ 18:00

土・日・祝も営業しております。

当院までの地図

大阪メトロ「谷町四丁目駅」から谷町四丁目接骨院までは徒歩2分。

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

内本町、常磐町、糸屋町、北新町、安土町など広く地域の方にお越しいただいております。


お気軽にお問い合わせください
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る

当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

いますぐお電話する